バイキング形式の飲食店を運営する際に気を付けたいポイント

By | 2015年5月26日

料理の補充のタイミングをしっかりとする

バイキングと言うスタイルの食事は、注文をとらなくても良いため楽な部分がありますが、だからと言って苦労がないわけではありません。お客さんに快適さを提供するためには、バイキング形式であっても、それ相応の対応というのが必要になってくるものです。例えば、料理の補充のタイミングに気を付けたいところです。お客さんが多く、なくなるのが早い場合には、そのペースに合わせて料理を用意しておかなければなりません。テーブルに並べられている料理に空の物が多いと見栄えも良くありません。

料理が並ぶテーブルの状態に気を付ける

バイキング形式の場合には、料理を並べて、なくなれば補充をするのは当たり前ですが、あとは何もしなくて良い、などと言うことはありません。色々な人が料理を取りますから、途中でテーブルが汚れたり、トングが料理に入ってしまい、汚れることも出てきます。店員が、そういった状態にいつまでも気付かず、そのままになっていては、気持ち良く利用することができません。ですから、料理の周りの状態をよく確認するようにして、常にきれいな状態を保っておくことが大切です。

お皿をまめに片付ける

飲食店によっては、一つのお皿を繰り返し使用する所もありますが、取りに行く度にお皿を替える場合、使用済みのお皿がテーブルに溜まっていくと邪魔になることがあります。また、見栄えも良くありませんから、気持ち良く食事ができなくなります。こういったことにならないように、店内の状況をよく把握して、使用済みのお皿をまめに片付けることが大切です。ただし、徹底的に片付けようとして、後で食べようと一口残してあるお皿を勝手に片付けたり、食べている最中に手を伸ばして奥の方の皿を無理に取ろうとして邪魔にならないよう、気を付ける必要があります。

飲食店の譲渡を考えている方は、専門業者に任せるのが一番です。なんといっても、ノウハウがあるので、いい形で必ずや協力してくれます。