どうしればよいの!?賃貸住宅の退去方法とは

By | 2015年6月19日

退去の連絡はいつごろまでにすればよいのか

何度も繰り返していたとしても、賃貸住宅の退去というのはどうすればよかったのか忘れてしまうものですよね。退去をするときにはいろいろな手続きというものをしなければなりません。その手始めとして、まずは退去の連絡というものを大家さんにしなければならなですよね。退去の連絡は、1か月から2か月くらい前に連絡すると言うのが一般的です。こうした退去連絡の時期については賃貸借契約書に記載されていることがほとんどなのでしっかりと前もって確認しておきましょう。

退去の連絡は誰にするべきか

退去の連絡をするときに、誰にしたらよいのかわからなくなってしまうことがよくあります。大家さんにすべきなのか、それとも仲介の不動産会社にするべきなのか、ちょっと疑問に思うこともあるのではないでしょうか。管理会社が管理をしているのであればその管理会社に連絡を入れるべきですし、大家さんが直接管理していたり、また管理会社がわからなかったりした場合は、大家さんに直接連絡を入れてみると良いでしょう。大家さんと仲が良かったりすると、退去の連絡が少し遅れても大目に見てくれたりもしますよ。

そのほかにもいろいろな手続きが必要

賃貸住宅を退去する際には、こうした退去の連絡といったことばかりではなく、いろいろな手続きをしなければならなくなります。電気や水道、ガスなどの公共機関への手続きから、また新聞などを取っている場合はその手続きも、それから住民票の変更などもしなければなりません。最近ではインターネットで簡単に手続きができるものもありますので、退去をする際にはいろいろなツールを使って退去の手続きをするようにしてみると便利ですよ。

帯広市の賃貸物件には、ワンルームで家賃1万円台で借りられる物件が多数あります。初めての一人暮らしにぴったりです。